カラダと運動の基礎知識

トレーニングを効果的に行うためには、カラダのこと動作の仕組みを知ることがカギ

30代後半女性の体力低下

なんでも30代後半の女性で、体力的な年齢が実際の年齢より若い人の割合は26.8%なのだそうで、ほかの年齢層や男性に比べ体力の低下傾向が顕著なのだそうですよ。 f:id:tihabit:20191016153934j:plain

この数値は、スポーツ庁が体育の日を前に公表した平成30年度体力・運動能力調査で分かったのだそうで、平成に入ってからの30年間でみても、多くの年代で体力年齢の若い割合が増えているのに対し、35~39歳の女性は年々減少傾向にあり、運動不足傾向が浮き彫りになったようです。

今回の調査は6~79歳の男女を対象に握力や上体起こしなどの7~9項目の体力テストを実施し、平成最後となった今回、30~50代の後半における30年間の体力の推移などを検証したようで、それによれば、体力年齢の若い割合は35~39歳の女性が最も少なく、現行の調査方式になった10年度の40.3%と比べても13.5ポイントも減少したのだとか。

調査方式が異なるため単純な比較はできないのだそうですが、元年度の割合は80.0%に上っており、この年代の女性の体力低下傾向が際立っていて、その一方で、55~59歳の女性で体力年齢の若い割合は54.8%で、10年度の36.5%より大幅に上昇、そのほか、45~49歳の女性は40・3%、男性も55~59歳が52.5%、45~49歳が39.6%、35~39歳が38.8%と、いずれも10年度より上昇したのだそうです。

どうやら30代後半の女性は、運動離れも年々進んでいて、週1日以上の運動習慣がある35~39歳の女性の割合は、元年度には50%近くいたようですが、30年度は34.2%にとどまり、20代を加えた女性の各年代で最も低かったのだとか。

糖質のコントロール

糖質をたくさん摂っているのに、食事の回数を減らすのは、健康的でないどころか健康被害が拡大するのだそうですよ。

どうやら、長い空腹時間があった後、大量の糖質を摂取してしまうと最低レベルまで下がっていた血糖値が一気に急上昇し、空腹時と食後の血糖値の差が大きい血糖値スパイクという最悪の状態を招き、血管に大きなダメージを残してしまうのだそうです!!!

ごはん
ごはん

血糖値が急上昇してしまうと、カラダは、血糖値を下げるためにすい臓から大量のインスリンを分泌するのですが、これが毎食のように繰り返されると、やがてすい臓が疲弊しインスリンを分泌する機能が低下してしまうのだそうです。

しかも、この血糖値を下げるホルモン、人体にはインスリンしかありませんので、糖尿病になっていくのだとか。

また、近年では糖質の過食と運動不足により、子どもにも内臓脂肪型の肥満や糖尿病が増えてきているそうですから、ある程度の糖質制限を課すこと必要かもしれませんね。

とはいえ、脳のエネルギーはブドウ糖だけですから、全くとらないというわけにもいかず、そのバランスは難しいところ。

ですので、結局のところ、偏った食事をするのではなく、好き嫌いなくまんべんなく食物を食べていきたいものですね。

肩こり解消

現代人はとかく肩こり、首コリがひどいですよね。

しかし、肩こりなどは重大な疾病でないので、どうしても我慢しがちですけど、放っておくと体の歪みや不調を引き起こすので、注意したほうがいいでしょう。

まず、肩こりについては、主に肩甲骨回りの筋肉が萎縮し、肩関節の動きが鈍くなることから起こります。 この肩甲骨は胴と腕をつないでいて、腕の動きの中心となる部分で、この箇所を動かさないと周囲の筋力は衰え、次第に硬くなっていき血行不良を引き起こし、本来であれば自在に動くはずの肩甲骨と肩関節のスムーズな動きができなくなります。

そして、コリや痛みとなって表れてくるわけですね。

これは予防していくしかなく、仕事中など起床、寝る前などに腕を肩から大きく回すなど、柔軟性を高める動きをするようにしましょう。

では、すでに肩こりがひどくなっており、これを解消したい場合はどうすればいいのでしょうか?

これもさきほどのように肩全体を大きく動かすことが大切で、肩を上げたり下げたり、前後へ動かしたりと大きく動かしてみてください。

水泳
水泳

1番の肩こり解消は、全身運動で有酸素運動でもある水泳がおすすめで、血行促進や乳酸燃焼などの効果も見込めますし、インナーマッスルも鍛えることができます。